Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度の新企画「郷土料理をつくりましょう!」開催しました。
今回のメニューは「はっと汁&田楽味噌」。

いつもは子育てサロンがある西成田コミュニティセンターでの開催でしたが
この日は駐車場もほとんどない5丁目会館での開催、
また小学校は授業参観と懇談会、とイベントが重なってしまい
「スタッフだけの参加になってもいいね」と話していましたが
今回も楽しみに足を運んでくださった方たちがいて
とても嬉しかったです。


はっと汁は前にも作ったことがあり、
田楽味噌もそんなに面倒ではないかな、
なんて思っていたのですが
田楽味噌をつけるために用意した大根、こんにゃく、里芋を
それぞれゆでる、という作業があり
ガスコンロも2つしかないので、
手際が要求される作業となりました。

でもそこは、ベテランの方たちがそろっていて
「大根は面取りしましょうね」などと声かけながら
どんどん作業が進みます。





見ていてほれぼれ。
面取りした端っこは、はっと汁に入れました。


こちらはこんにゃく。
こんにゃくをどう切るか、大きさ厚みについて討論?した結果、
厚さは半分、三角に、ということに決定。

みんなで作るって、こういうひとつひとつが楽しい・・・


PB301123_convert_20161201101421.jpg


今回「マイタケ」は「干しマイタケ」を用意してみました。
これはおすすめ!
部屋にマイタケの香りが漂いました。
はっと汁への期待が高まります。

「どこで買ったんですか?」
など質問があり、情報交換・・・
実はこの干しマイタケは、道に迷いながらも
「マイタケ直売所」を探し当て、そこで買ったものです。

PB301111_convert_20161201101503.jpg


大根はお米のとぎ汁で煮ました。
隠し包丁入り。

PB301116_convert_20161201101555.jpg

田楽味噌つくり。
鍋にごま油を入れて温め、そこに味噌を投入し
みりんや砂糖を入れて練っていきます。

今回使用した味噌はスタッフが自宅で使っているもので、
味噌屋さんで作っていただいたものに
さらに酒粕など入れて「手前みそ」に仕立てたものだそうで
それだけでも甘くてとても美味しい味噌でした。


PB301132_convert_20161201101750.jpg

こちらが出来上がり!
つやつやしておいしそうでしょう?
この中の2つに七味を入れてピリ辛味も作りました。


PB301135_convert_20161201101830.jpg


用事があって一足早く帰らなければいけないスタッフが
ちょっとだけ早めに味見・・・
実は大根がまだ固くて大笑い!
でも、炊き上がったばかりのご飯を
これまたスタッフお手製の梅干しやら海苔の佃煮などを入れて
おむすびをこしらえ「食べていってね」と持たせてあげました。


PB301133_convert_20161201102006.jpg


さあ、次は「はっと作り」。
小麦粉にぬるま湯を入れて捏ね上げていきます。
この加減が難しい。
「耳たぶくらいの固さ」と言っても
やっぱり自分でやってみないとわからないですよね。
何事も経験に勝るものはありません。

互いに固さを比べあったり、
指導してくれるスタッフに助言もらったり手伝ってもらったりしながら
2キロ分の小麦粉をはっとにしました。

PB301117_convert_20161201102052.jpg


次はお鍋に投入!
これがもう大騒ぎ!
いろいろな形があって面白かったですよ。


PB301137_convert_20161201102144.jpg

こちらが出来上がり。
この写真みただけで味を思い出して
また食べたくなるくらいおいしくできました。


PB301141_convert_20161201102247.jpg

毎回、同時に行っている「お弁当アイディア」は
今回はせっかくなので「田楽味噌」を使った一品の紹介。
豚肉を田楽味噌に漬けたものをスタッフが焼いて持ってきてくれました。
冷めても味がしっかりしていて、お肉も柔らかくて美味しかったです。
作っておくと日持ちもするので便利だと思いました。


PB301115_convert_20161201102334.jpg

スタッフがパイナップルの差し入れもしてくれました。
冬に食べるのも美味しい!
それに実際、とても甘い美味しいパイナップルでした。


PB301124_convert_20161201102848.jpg


こちらが今回のお料理。
写真撮る前に思わず食べてしまいそうになり
「いけない、いけない」と慌てて写真に収めました。


PB301144_convert_20161201102935.jpg


一緒に作って、それを一緒にいただく。
これはやみつきになる楽しさです。

作業の合間のいろんな話も楽しい。
それぞれの家庭にそれぞれのやり方があって
そんな情報を交換し合ったり・・・

たくさん作るとダシが出て美味しいのは当然なのだけど、
プラスアルファの特別な調味料が「共にいただく」ということには
あるような気がします。


今回は「せせらぎの里」内にできた「地域包括支援センター さくら」の方たち2名が
参加してくださいました。
成田でつながりを作りたいのならNaritaマルシェとつながるのがいいよ、
というアドバイスをしてくださった方がいたようです。
ご挨拶をいただきました。



PB301145_convert_20161201103048.jpg


これから、ますます高齢化社会が進む中
とても大切な場所となるのがこの「地域包括支援センター」。
マルシェでは、どこかの年代だけを対象にするのではなく
赤ちゃんから高齢者の方まで、緩やかにつながった社会が理想だ、と考えています。
これから、少しでもお役に立てたら嬉しいな、と思っています。


そのようなわけで、いろいろな意味で充実した時間でした。
参加してくださった方がまた来たくなるような時間を
また創造していきたいと思います!


「まかないつき寺子屋」タッチラグビー開催しました!
前日は初雪が降った寒い一日。
どうか当日は晴れますように・・・という願いが通じたのか
ちょっと寒くはありましたが、晴れてくれました。

午前帰りの子供たちが来る前に、スタッフが昼食準備。
「山形風芋煮」作り。
今回も「ヤマザワ」で買い物をしました。

前もって必要なものをお伝えし前日受け取りに行きました。
お肉は国産のもの、里芋は山形産を・・・とお願いしていました。
前回の「はらこ飯」の時もそうでしたが、
今回もお値段サービスしていただきました。
ありがとうございます!

こちらが材料でです。




「里芋こんなに必要かしら?」と心配になるくらいの量でしたが
これくらいあって正解!
山形風に詳しいスタッフが作り方を指南してくれます。

牛肉はまず炒めて醤油で味付けし、
その汁を入れたもので里芋を煮ると
牛肉の味もしっかり残り、
里芋も吹きこぼれにくいとのことです。

これはもう、ぜひお試しあれ!

PB101046_convert_20161112172123.jpg


こちらが出来上がり。
もう何杯もおかわりしたくなるくらいおいしくできました。

子どもたちが帰ってくる前に
(集まりだしたら、もう休む暇も食べる暇もなくなります)
スタッフがまず「いただきます」。


PB101051_convert_20161112172157.jpg

さあ、子どもたちが帰ってきました。
まずは手を洗ってもらって「塩むすび」作り。
手慣れたもので、みんな上手につくります。


PB101055_convert_20161112175315.jpg

この見事な三角おむすびをご覧あれ!
新米なのでピカピカです。

あまりのおいしさに、何度も何度も次々お代わりにくるので
とても一人では対応しきれず、
仕事を済ませて駆けつけてくれたスタッフに手伝ってもらって対応しました。
(校庭の準備に向かったスタッフ、
受付してくれるスタッフ、
荷物など混乱しないように見守ってくれるスタッフ、
スタッフはフル稼働です)


PB101061_convert_20161112172309.jpg

大学が休みでお手伝いにきてくれたお姉さんスタッフと一緒に「いただきます!」

PB101062_convert_20161112175348.jpg

食べ終わった後は、成田東小学校に移動して
いよいよタッチラグビー!

校庭を使わせていただくので、
前もって校長先生、児童クラブの先生、富谷市教育課などにも
お知らせして事前にもできる限りの準備をしてきました。

ラグビーといったら、必ずいますよね、
こういうポーズする人・・・

PB101070_convert_20161112172518.jpg

ボールになれるため、まずは円形になってパスの練習・・・


PB101067_convert_20161112172422.jpg


次にチームになって動きながらのパス練習。
その前に円陣組んで気合い入れます。
大学生のお兄さんも一緒に・・・

PB101074_convert_20161112172605.jpg


動きながらのパス練習。
前にパスしてはいけない。
ボールを持っている人は前に走り、
受け取る人はその人よりも後ろに・・・

説明は聞いているけど、実際やるとちょっと難しくて
コツつかむなで、何度か練習繰り返しました。

PB101086_convert_20161112172646.jpg

さあ、いよいよ試合です。
黒、緑、オレンジのビブスをつけて3チームに分かれて試合しました。
(ビブスは生涯学習課からお借りしました)

ここでひとつお詫びが・・・
子どもたちの動きが素早すぎて
カメラがまったくついていかず
シャッターチャンス逃がしたり
ブレブレだったり・・・

というわけで写真はこの1枚。
でも、まるでラグビーの選手みたいでしょう?


PB101099_convert_20161112181156.jpg

思い切り体を動かした後は、
そのまま学校に併設の児童クラブに戻る子もいれば
きりぎりまで寺子屋にいたい、と
5丁目会館に戻ってくる子もいました。

ホワイトボードにお絵かきする子たち。


PB101103_convert_20161112172908.jpg


こちらは宿題している子たち。(多分・・・)

PB101101_convert_20161112172829.jpg


帰ってきてから、また芋煮やおむすびを食べる子もいました。

延長お預かりの子は、
お部屋のお片付けも率先して手伝ってくれて
スタッフはとても嬉しかった。

初期からいる子たちだったので
スタッフもなんだかホッと心和む時間。
会話もはずみました。

PB101106_convert_20161112172954.jpg


初の試みが無事、ケガもなく終わってホッとしました。
お預かりしているうえで、私たちは事故などないようにと
いつも祈りながらの活動です。
ですから新しい試みの時は
経験させてあげたい気持ちと
「大丈夫かな」という不安と
いろんな気持ちが入り混じります。

それでもやっぱり、子どもたちには少しでも多くのことを
経験させてあげたい。
年齢を超えて関わったり
体を思い切り動かしてもらいたい・・・
願いはたくさんあります。

一つ一つ、無理のない形で
実現していけたら、と思っています。

参加してくれた子供たち、
そして参加させてくださった保護者のみなさま
ありがとうございました。

次は恒例の餅つきになると思います。
楽しみにしていてください。


「まかないつき寺子屋」と「成田の里」さんとのコラボ企画
「芋煮会」が開催されました。

成田の里さんに到着すると、歓迎の看板が・・・
温かい気持ちと歓迎の気持ちが感じられて
嬉しい気持ちでいっぱいに。





子どもたちとスタッフは3チームに分かれて作業です。
まずは「まいたけおにぎりチーム」。
この楽しそうな笑顔!
みんなで作業するって、それだけで
なんだか楽しいんですね。

PA150946_convert_20161022164817.jpg

小さな子も、試食のお手伝い。
「うん、とっても美味しい!」
大事なお役目です。

PA150951_convert_20161022164850.jpg

こちらは「野菜切りチーム」。
はじめはちょっと危なっかしい手つきでしたが
だんたんと上手になり、スピードも速くなっていきました。



PA150936_convert_20161022194951.jpg

今年はサツマイモでスイートポテトも作ります。
利用者の方とお芋をつぶしています。

PA150965_convert_20161022165127.jpg

つぶしたお芋をアイスクリームすくう用具で
丸めていきます。
この作業楽しかったみたい!
アイスクリーム屋さんみたいですよね。

PA150987_convert_20161022170232.jpg

こちらは「焼きおにぎりチーム」。
大学生スタッフのお姉さんと一緒で嬉しい!
今回は2名の大学生スタッフがお手伝いしてくれました。
子どもたちはお姉さんスタッフ大好きです。

PA150940_convert_20161022193333.jpg

味噌を焼く香りってなんて食欲そそるんでしょう!

PA150983_convert_20161022165815.jpg

出来上がったものを、それぞれのお部屋に運ぶお仕事も。
二階へはエレベーターで移動。
慎重に、でもはりきって運んでます。


PA150969_convert_20161022165203.jpg

男の子は、火の見張り番。
だから、焼き芋つくりも担当です。
男性スタッフに教えていただきながら
お芋を新聞紙で包んで水に浸してアルミ箔でくるみます。
こうやって焼き芋って作るのだと
はじめて知ったことと思います。


PA150974_convert_20161022165437.jpg

もちろん、焼きも担当します。
とっても美味しくできましたよ!

PA150985_convert_20161022170038.jpg

こちらは「漬物屋さん」。
ボールに入った漬物を小分けにしていきます。

PA150988_convert_20161022170541.jpg

さあ、今度は箸置きづくり。
とってもきれいな折り紙で箸置きを作ります。
覚えた作り方を利用者の方に教えているところ。
どちらも一生懸命です。


PA151015_convert_20161022173434.jpg

こんなにたくさんできました。


PA151023_convert_20161022170832.jpg

トン汁もできました。
はやく食べたーい!

PA151027_convert_20161022171000.jpg

今度はジュースやさん。
「どのジュースがいいですか?」
しっかりお仕事できました。


PA151035_convert_20161022171104 - コピー

この笑顔を見てください。
みんなで食べるって幸せだね。


PA151036_convert_20161022171150.jpg

会話もはずみます。


PA151038_convert_20161022171229.jpg

帰りには、七夕飾りになっているものを
自由にお持ち帰りしていいですよ、と言っていただき
みんな大喜びで好きなキャラクターを集めていました。


PA151040_convert_20161022171315.jpg

帰りは玄関まで見送っていただいた上に
おやつのお土産までいただきました。
これまた、みんな大喜び!

PA151042_convert_20161022171352.jpg

成田の里のスタッフ、利用者のみなさま
本当にありがとうございました。
子どもたちはたくさん与えていただいた役割に
はりきって励み、それがとってもとっても楽しかったみたいです。

お仕事が楽しい、人の役にたつことが嬉しいなんて
本当に素晴らしいこと。
私たちスタッフはそのことに全員が感激し
素晴らしい機会をいただいたと感謝しています。

成田の里さんから以下のメールをいただきました。


『ある利用者の方がお子さんが泣いている姿をみて
「子どもの泣き声っていいね」と
笑顔でおっしゃっていたそうです。
お子さんの泣き声にふれる機会がなく生活されている皆さんにとって
とっても貴重な一日であったと思います。

様々な世代の方が同じ空間で過ごすことが
当たり前ではなくなってしまった今、
ほんの少しですが、利用者の方にとって
社会の一員であることが実感できる時間となっていたら嬉しいのですが・・・

お子さんたちにも、お年寄りの存在が怖いものではなく
身近な存在であると感じてくださっていたら嬉しいです。
本当にありがとうございました。』




子どもが泣く姿が役に立つ、ということを
どれだけの人が知っているでしょう?
それぞれの世代の存在が
世の中には必要だということを
どれだけの人が実感して暮らしているでしょう?


私たちスタッフも
いろんな年代の存在があって
はじめて真に豊かで寛容で温かい社会が実現するのだ、
ということをあらためて知った貴重な時間でした。

子どもたちもスタッフも、他にはなかなか実感できないような
嬉しく幸せで満ち足りた気持ちで帰ってきました。
このような幸せを感じることができることを
心からありがたく思います。

関わってくださったみなさま
素敵な時間をありがとうございました。




「郷土料理を作りましょう!」開催しました。
今回はぜいたくに「はらこ飯」!
ヤマザワ店長さんに相談させていただき、
材料を前日までに用意していただきました。

受け取りにいってびっくり!
「あれ、こんなに頼んだかしら?」
「予算間に合うかな?」
と、一瞬うろたえてしまうような、立派な材料・・・

ところが、レジで計算していただくと、
予算より少ない金額!
ヤマザワ店長さん、いつも親切にしていただき
本当にありがとうございます。


これが材料です。



はらこをほぐすところから作業が始まります。
これが難しい、ということでみんな知りたかった工程です。
ぬるま湯でほぐし、そのあと、何度も水を変えながら
周りの皮をきれいにのぞいていきます。
やはり、結構手間のかかる作業でしたが、
おかげでピカピカのいくらが出来上がりました。

PA120907_convert_20161022095454.jpg


最近、知り合った富谷にお住いの男性が
農家をしている、ということで
箱いっぱいのじゃがいもを差し入れしてくださいました。

さっそく、こふきいもと素揚げにしました。

PA120913_convert_20161022100513.jpg

PA120915_convert_20161022100620.jpg


とってもおいしくできました。
スタッフがおいしいお塩を持ってきてくれていたので
それをつけながらパクっ。と

この日、秋休みだった小学生も参加してくれたのですが
この顔がすべてを物語ってくれています。


PA120917_convert_20161022100716.jpg

スタッフが、入口に用意したホワイトボードに
作り方を書き出してくれました。
素敵な鮭の絵にも注目してください。


PA120919_convert_20161022100800.jpg

西成田コミュニティセンターはなんといっても
ガス釜があることが素晴らしい!

こんなに、おいしそうにはらこ飯が出来上がりました。

PA120921_convert_20161022100906.jpg

大きなどんぶりに惜しみなく盛り付け
いくらもたっぷりと・・・

こんな贅沢なはらこ飯はそうめったに食べられるものではありません。
そのうえ、味も絶品!
おかわりも自由・・・

なんとも満ち足りた昼食です。


PA120923_convert_20161022101028.jpg


みなさんの感激をヤマザワ店長さんにお伝えしあらためてお礼したところ
「だって、イクラがちょっとだったら美味しくないじゃないですか。
やっぱり惜しみなくイクラ乗せたいですよね。
喜んでいただけてよかった」
と言っていただきました。
こうして、近所に会話できるお店があるって
なんてありがたいのでしょう!

お汁はきのこ汁にしました。
これが完成です!


PA120926_convert_20161022101122.jpg

さて、今回の「お弁当アイディア」は
曲げわっぱにおいしそうにおかずを詰めるコツ。

講師のスタッフは、それ以外にも
あらかじめ、子どもが幼稚園の時、よく作ったという
かばんを振り回しても大丈夫なお弁当を作ってくれていました。

こういう一工夫って、やっぱりお母さんの愛情ですよね。



PA120927_convert_20161022101316.jpg

曲げわっぱには、かなりぎゅっと詰めたほうが
崩れなくていいようです。
だからご飯もかなりの量を詰めていきます。
(今回ははらこ飯だから、本当に贅沢弁当です)

PA120928_convert_20161022101433.jpg


その他のおかずも、わっぱは高さがあるので
例えば、卵焼きなど、ひとつは土台にして
その上にもうひとつ盛り付けています。

そして出来上がったのがこちら・・・
もうあちこちから歓声があがりましたよ。


PA120931_convert_20161022101546.jpg


「曲げわっぱ欲しかったけれど迷っていたんです。
今日参加してよかった。
ぜひ、試してみます」
そう言ってくださる方もいて、良かったな、と思いました。


お弁当を開けた瞬間、
子どもの気持ちが幸せになってくれたらいい・・・
そういう愛情が会話のあちこちから感じられたことも
じーんと胸を温めてくれた講座となりました。


美味しく幸せな気持ちに満ちた秋のひとときでした。
こういう時間を過ごすたびに
「ああ、マルシェをやっていてよかったな」と思います。

これからも、地域のみなさんと素敵な時間を紡いでいきたいです。

Naritaマルシェでは恒例となっているイベント「おさがり会」。
たくさんの方がこれまで参加くださっていましたが
お仕事をしている方は、日中の開催はおさがりが欲しくても参加難しいかも、
ということがずっと気になっていました。

私たちスタッフも毎回夜の開催は厳しいけれども
需要があるかどうかお試しで夜に開催してみよう、
駐車場の心配のない成田公民館で開催してみよう、
ということになりました。


実際、開催してみると・・・

やはり「需要あり」ということがわかりました。
引っ越してきた、という方がいらしたり、
仕事帰りです、という方がいらしたり、
子どもを連れてきました、という方がいらしたり・・・



(カメラを忘れて届けてもらったので、
一番盛況な時間帯の写真が撮れませんでした。残念!)


何より嬉しかったのが、制服の持ち込みがたくさんあったこと。
本当にありがたかったです。
おかげさまで、現在制服はちょっと充実しています。

逆に、たくさんあると思っていた小学校の体操着ですが
ちょうどよいサイズはかなり出てしまい、ちょっと品薄状態です。


P9300900.jpg

「いつも回覧を見て、手帳には書き込んでいたんです。
でも、なかなか来る機会がなくて。
今回やっと参加できました。」
という言葉をいただき、本当に嬉しくありがたく思いました。

回覧を担当している事務局長は、
イベントに間に合うよう、記事を書き、
回覧分の印刷をし、町内会に持ち込みをしてくれています。
「いつも読んでます」
「気になっていました」
「機会があれば参加したいと思っていました」
そう言っていただけることが、何よりの励みになると思います。

私たちスタッフは、いくつも役を抱えている人がほとんどですが、
それでも、少しでもこの成田が温かい住みやすい地域になればいいと、
その同じ願いのもと集まって、できる範囲で活動しています。
無理はしないで、でもやるからには楽しく、
そして求められる活動を・・・
そう思っています。

夜の「おさがり会」は需要があることがわかりましたので、
また、機会があれば開催したいと思います。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。