Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年の「まかないつき寺子屋」で杵と臼を貸してくださった山田さんから
白菜漬けの作り方を教えていただきました。
いつも差し入れてくださる白菜漬けがとても美味しいので
「ぜひ、今度作り方教えてください!」とお願いし実現しました。

都合がついた(あるいは無理やり都合つけた)スタッフ7名集合。
山田家のお庭で教えていただきました。

まずは、白菜を6等分。
(半分に切った白菜を一日干しておきます)



洗ってざるへ上げます。

DSCN2476.jpg

塩を振りながら、樽の中へ。
この時、先の葉っぱには塩を振らないのがコツ。
(塩気は後から調節するほうがいいとのこと。
はじめにしょっぱくしてしまうと修正きかないから)

DSCN2480.jpg

後は、重石をして数日置きます。

DSCN2481.jpg

水気があがってきたら、漬け直し。
さわってみてしんなりしていたら良い加減。
(これは4日後のもの。この説明のために、わざわざ4日前に
一樽漬けておいてくださいました)

DSCN2467.jpg

絞って一回り小さな樽へ。
塩気を見て、足りなければ足します。

DSCN2468.jpg

この漬物は、塩気はちょうどよかったので塩は足さずに
唐辛子を入れて、後はまた重石をするだけ。
出来上がりが楽しみ!
だいたい一週間後が食べごろです。

DSCN2469.jpg

あっという間に漬物講座は終わり
「簡単でしょ?」と、山田さんはおっしゃいましたが、
どんなことでもシンプルなことって難しい。
それぞれ何度も挑戦し、好い加減を覚えていくしかないのだろうな、
そう思いました。

「じゃあ、家でお茶しましょう」
そう誘っていただき、薪ストーブがなんとも温かいお部屋へ
入れていただきました。
そこに待っていたのは、なんと「はっと汁!」
みんな大歓声でした。
(この写真を見るだけでも、味がよみがえってきてお腹が空きます)

DSCN2483.jpg

それ以外にも、甘酒を作っておいて下さったり
もちろん白菜漬けを出していただいたり・・・
絶品は「どうしてこんなにやわらかいのですか?」と
みんなで不思議でたまらなかったキャラブキ。
強火にせず、弱火で気長に煮るのがコツだそうです。

DSCN2482.jpg

なんとも幸せな時間でした。
マルシェスタッフはこれからもこうして研鑽を積み(?)
成田のみなさん、そして子どもたちに
美味しいものを提供できるよう頑張ります!

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/74-bb8ac5f4

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。