Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一回「マルシェかふぇ」。
朝から気温が上がらず寒い日にもかかわらず
「この日を楽しみにしていました」と言ってくださる方や
「引っ越してきて、まだあまり成田に知り合いがいない
と言っていた方を誘ったの」
という嬉しい言葉をかけてくださる方などが
次々といらしてくださいました。
お茶やお菓子の差し入れを持ってきてくださる方も多く
テーブルの上はおいしそうなもので一杯になり
目移りしてしまうほどでした。

DSCN1343.jpg

前回のイベントでパッチワークを被災地へ
届けてくださった方達が報告をしてくださいました。

「あまりにも立派なので、
家を建て替えたら使わせていただきます」
とおっしゃる方に
「どうぞ、今、仮設でこそ使ってください」
と伝えた、というお話。

アメリカから届いたらしいパッチワークの裏には
連絡先が書いてあったらしく
「お礼の手紙を出します」
とおっしゃってくださった方もいたそうです。
お手紙が届いたら、どんなに喜ばれるでしょう!

お礼のハガキが届いたと
コピーして持ってきてくださった方も
いらっしゃいました。
その中から紹介いたします。
『今日は思いがけずに贈り物
心がHotし童心に返りわくわくしました。
明けてみたら目にもまばゆい
そしてとても可愛らしいキルトに
思わず顔がほころびました。
被災者の私たちへと一針一針、
これを私へと選んでくださったN子さんのお気持ち、
その想いが本当に嬉しいです。
また、原動力をいただきました。
キルトもそのお心も大切にします。』

また「忘れずにいてくれてありがとう」
と涙ぐまれる方もいらっしゃったそうです。

届けてくださった方達の
思いやりや優しさが
特別に寒さが厳しい今年の冬に
厳しい条件の中で暮らしてらっしゃる方たちの心を
温めたに違いない、感じました。



いろんな話がはずむ中で
4月の桜の季節にみんなが楽しめるイベントをしよう、
という企画が持ち上がりました。
詳しく決まりましたら、ブログでもお知らせしますし
回覧もしたいと思います。

また、自宅に家具を作れるアトリエがある、とおっしゃる方が、
「作り方を教えますから一緒に作りましょう」と提案して下さり
「わあ、やってみたいです!」と歓声があがりました。
今はまだ寒いので、これもまた暖かくなった頃
体験ツアーを企画できたら、と思っています。


パッチワークのイベントの時に
Naritaマルシェの看板を作ってくださる、
とおっしゃっていた方が
作品を持ってきてくださいました。
スタッフが作っていた看板の文字を
そのまま活かし、素敵なフレームに
納めてくださっていました。
イベントの度に大切に使わせていただきます!

DSCN1345.jpg


その他の作品も持ってきてくださっていたので
記念にパチリ!
なんとも可愛らしい作品です。
本当にありがとうございました。

DSCN1346.jpg

こんな感じで、とても楽しく有意義に過ごせた時間だったと思います。
次回のマルシェかふぇでもたくさんの方のご参加を
お待ちしています!
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/7-21d158a9

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。