Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講師に折笠順子さんをお迎えし、
ベビーマッサージ開催しました。
赤ちゃん連れてのおでかけは、なかなか思い通りにいかないものですが、
みなさんほぼ開催時間に集まってくださいました。

天然のオイルではありますが、
赤ちゃんの肌に反応が出ないか少し時間をおいて確認した後、
マッサージ開始です。

もう、この赤ちゃんたちの表情を見たら、
気持ち良いのだ、ということは一目瞭然!
スタッフの顔も一緒にほころんでしまいました。



DSCN2236.jpg

折笠さんによれば、「抱き癖がつく」ということは気にせずに
赤ちゃんが抱っこして欲しいと感じているようなら
どんどん抱っこしてあげて欲しい、とのことでした。
たくさんの愛情とスキンシップを受けた子どもたちは
上手に自立していく、とのお話でした。

天気予報は「雨」でしたが、マッサージしている間は
時おり日差しも差し込んで穏やかな時間が流れていました。

DSCN2243.jpg

マッサージが終わった後は、お食事。
今回用意した「まかない」は「だまこ汁」。
ご存知の方いらっしゃいますか?
秋田の料理で「きりたんぽ」の簡易バーション、とのことです。
西成田コミュニティセンターにはガス釜があるので
それで炊いた新米を団子状にして
鶏のだしがきいた汁(ごぼう、舞茸、しらたき、ネギ入り)に入れます。
とても美味しくできました。
お母さんたち、みんなおかわりしてくださって嬉しかったです。
また、離乳食が始まっている赤ちゃんも
汁で柔らかくなった「だまこ」を食べることができたので
「このメニューにして良かった」と思いました。

DSCN2249.jpg

スタッフ差し入れの、和歌山の柿、北海道のりんごもデザートにつけました。
写真に撮り忘れましたが、スタッフの青森みやげのお菓子、
スタッフ手作りのクッキーなどもありました。
母乳をあげているお母さんもいらっしゃると思ったので
飲み物は、体に良いと言われている「三年番茶」と
免疫力を上げる、と言われているトゥルシーというハーブのお茶にしました。
「このハーブティー美味しいです。何のハーブティーですか?」
と好評でしたので、購入できるお店をお伝えしました。

DSCN2250.jpg


人見知りの始まっている赤ちゃんもいましたが、
もう子どもたちが大きくなったスタッフからすると、
お母さんに抱っこを代わった途端、
ポロポロ流れていた涙がピタリと止まる様子は
たまらなく胸が温かくなる風景でした。
「こんなにも、お母さんが大好きなんだな」と思って・・・

きっと、育てている最中は時には
「他の人でも大丈夫だったら助かるのに」
と思う瞬間もあることでしょう。
それは当然だと思います。
だからこそ、時折、こうしてお母さんたちが交流する機会を
作っていきたいな、とあらためて思いました。

マルシェスタッフは託児経験が豊富なスタッフや
赤ちゃんが泣いたくらいでは動じないスタッフばかりですので、
またぜひ足を運んでいたらけたら、と思います。

講師の折笠さん、おみやげのオイルの準備や
帰ってからも見ればマッサージのやり方がわかる資料を作成して下さり
ありがとうございました。
赤ちゃんもお母さんもリラックスした時間を過ごせたと思います。
また、ぜひよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/64-30b460d0

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。