Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ガーデニングのお話と寄せ植え講座」が無事終わりました。
当日「こんなに椅子を出したけど、人が集まってくれるかしら?」
などと会話しながら準備していましたが、
なんと、本当に出した椅子ピッタリの人数が集まってくださり
嬉しいスタートとなりました。
「回覧を見て初めて来ました」とおっしゃる方も多く、
ガーデニングへの関心の深さを改めて感じました。





講師の「庭工房ひろ」主催、大沼宏之さんは
植物への愛情がひしひしとこちらに伝わってくる
本当に温かい人柄の方で、
「話はあまり得意ではないんです」
とおっしゃっていましたが、
どの質問に対する答えも、常に植物の立場、気持ちに立って
答えてくださるので、参加者全員が
優しい気持ちになり、癒されたような気持ちになりました。

①庭作りのポイント
②樹木の管理のポイント
③雑草対策

この3つのポイントについてお話しいただきました。
樹木もストレスを感じるのだ、という視点から
植物が喜ぶ管理や手入れの仕方を教えてくださいました。
あまり短く木を切り詰めてしまうと
その切り口から枝が暴れて、見た目が悪くなってしまう、
という話を聞いた時には
「あら、子育ても同じかもしれないわね」
という声も聞かれました。

七つ道具のようなものも持ってきてくださっていて
雑草取りに便利な道具も紹介してくださいました。
「梅雨入りするまでに雑草は取り終えておくことが大切です。
その後は蚊が発生しますから。」
という言葉が身にしみています。
もうすでに、蚊が発生しているようなので・・・


DSCN1720.jpg


寄せ植えは、どこにでも手に入る植物で
コーディネートしてくださいました。
多年草のハーブや一年草を組み合わせて
長く楽しめる寄せ植えののコツを
教えてくださいました。

最後には参加者の方たちから
「ぜひ、またいろいろお聞きしたい」
と、いう要望が寄せられ、
できれば、季節ごとにまたお話ししていただけたら嬉しいな、
と思っているところです。

大沼さんからは
「参加くださった皆さんは、
ただ講習会に参加しただけではなく、
実際に植物を大事にしている方がたくさんいたのだと、
質問の多さやメールから感じとれまして
引き受けた甲斐があったとひたっているところです。
植物に対して、優しさがある方が多いので、
今後の町の景観がますます良くなって
成田を散歩コースにする方が増えると思います。
今後の成田の景観楽しみですね!」
というメールをいただきました。
メールからも人柄が伝わってきますね。

さあ、私たちの成田がますます美しく
住み良い町になること願って
Naritaマルシェも、また素敵な企画考えていきますね!

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/32-11adb71f

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。