Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の(準備編)に続き、ここでは(本編)お届けいたします。

いよいよ子どもたちが集まってきました。
この日は、朝から雨で予報も1日雨。
にもかかわらず、子どもたちが来る頃には晴れてきて
爽やかな風も吹いてきて
このところの暑かった日々にくらべ過ごしやすく
最高の「流しそうめん日和」となりました。

最初のあいさつで「寺子屋」で学ぶこととして
「季節ごとの行事」「いろんな人とお話しすること」
「小さい子の面倒をみること」「できるお手伝いは自分からすること」
など、お話ししました。


早速はりきってお手伝い。



いよいよ流しそうめん開始!



みんな、かなり豪快に食べていました。
こういうのって、楽しいよね。





時折流れてくるトマトやきゅうりやブドウに大喜び。
特にぶどうを見つけた時の目の輝きは格別でした。
保護者の方が後からこっそりと
「家ではきゅうりを食べないのに
流れてきたきゅうりを何もつけずに食べてました!」
と教えてくださいました。

こうやって楽しみながら
いろんなものが食べられるようになっていけたら
どんなにいいでしょう・・・





さあ、おなかがいっぱいになったら次は大人が食べる番。
流してくれるのは子どもたち。
それはもう、はりきって嬉々として流してくれました。
「食べやすいように考えて流すのもお勉強ね」
と、声かけながら・・・




今回は、この春小学校の先生になった
頼もしいお兄さんスタッフがお手伝いしてくれました。
子どもたちは、お兄さんやお姉さんが大好き。
そして、子ども好きの人のことはわかるんですね。
自然とみんな集まってきます。

「じゃあ、鬼ごっこする人?」
「はーい!」
と楽しそうな様子・・・





若いって素敵。
思い切り体を動かして遊んでくれます。
子どもたちの生き生きしている姿ほど
見ていて幸せな風景はないと思います。
若手スタッフに感謝・・・





続いてすいか割り。
こちらも、大学生スタッフたちが
並ばせてくれたり、声掛けしてくれたり、目隠ししてくれたり・・・




周りで見ている子どもや大人が
「もっと右!」「まっすぐ進んで!」「そこそこ」
と掛け声をかけ「えい!」っと・・・





「ああ、惜しかったね!」





今年のすいかもとっても大きくて甘かったです。
ヤマザワさんにお願いして、すいか割りにできるような大きなすいかを
まだ店頭に並んでなかったので奥から出してきていただきました。





「種とばし競争しよう!」
誰からともなく声がかかって一列に並んでました。
こんなシンプルなことが子供たちにとっては楽しい。
こういう楽しさをできるだけたくさんたくさん
経験してほしいと思います。





さんざん外で遊んだあとは中で休憩。
差し入れにいただいたジュースを配りました。





途中で用事があって帰る子たちもいましたが
最後まで残っていた子どもたちと帰りの会。
とっても楽しかったようで「次はいつ?」と聞かれました。

次回はちょっと間があきますが11月に
最近ブームのラグビーをしたいな、と思っています。

おみやげは竹で作った器です。



朝目覚めたとき、大きな雨音がして無事開催できるか心配しましたが
今年も素敵な夏の思い出ができました。

子どもたちの目の輝きが私たちスタッフにとっては、なによりのプレゼント。
これからも、たくさんの大人が自分たちのことを見守ってくれている、
そう実感できる想い出をたくさん紡いでいけたら、と思います。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/119-9058e7f6

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。