Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「郷土料理をつくりましょう!」で行った
お弁当アイディア記事に反響がありました。
素敵なメールをいただいたので紹介させていただきます。


『どれもほっこりしそうなお料理ですね。

私は、お弁当作りがとっても苦手で
でも、なんとか冷食に頼らず
子どもの好きな物や
隙間を埋める様な物を
詰めて作っていて
でも、ある時娘に
唐揚げとか入れて欲しい!と言われて
朝から、苦手な揚げ物⁈
と、更に心が重くなりましたが…
娘が喜ぶ顔を想像しながら
前日に下ごしらえし作っていました。

高校生になったら、毎日、お弁当だと聞き
不安に思っていましたが
私の考え方を変えれば
毎日、楽しいお弁当作りに
変えられるのだと
ブログを見て感じました

お弁当を作らなければいけない…では無く
娘が元気になる、力になる
楽しみにして貰えるお弁当が作りたいと

直接、お話が聞きたいので
次は参加したいなぁ〜と
思っています♪』



『お弁当、感動しました!
初心に引き戻された想いです。

先日アルバムをひっくり返したら
高校生の息子が幼稚園に入った時の
最初のお弁当の写真がありました。
あの時きっと同じような想いで作ったのだと思います。
登園をしぶる息子を置いてくるのに心が痛く
せめてお弁当で・・・と。

お弁当ではありませんが
子どもたちが持ち帰ってくる上靴を
毎日毎日学校で頑張る我が個を守ってくれていると思うと
「よろしくね!頼んだよ!」
と心を込めて洗います。』



どちらのメールも同じ母親として
とても良くわかる、と思いながら
同時に、それぞれにこうして子どもたちが
大事に慈しまれていることに胸がいっぱいになりながら
読みました。

それぞれ、一生懸命なのに、
世界が狭くなってしまうと
なんだか自分だけ頑張っていて
それでも報われないような気持ちになることが
あるような気がします。

人を想う、ということは
きっと誰のためでもなく自分のため。
大事な人が、いつも元気でいてくれること
笑顔でいてくれること
これ以上の幸せはきっとないと思うから。

そうはいっても、日常というのは
なかなか思うようにはいかないもの。
だから時々、このマルシェの空間で
互いのほっこりとした想いを分かちあって
自分の中にある優しさや慈しみを
思い出せたらいいな、と思います。


素敵なメールをありがとうございました。
私たちの何よりの励みになります。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://naritamarche.blog.fc2.com/tb.php/116-479e4b5e

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。