Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「まかないつき寺子屋」と「成田の里」さんとのコラボ企画
「芋煮会」が開催されました。

成田の里さんに到着すると、歓迎の看板が・・・
温かい気持ちと歓迎の気持ちが感じられて
嬉しい気持ちでいっぱいに。





子どもたちとスタッフは3チームに分かれて作業です。
まずは「まいたけおにぎりチーム」。
この楽しそうな笑顔!
みんなで作業するって、それだけで
なんだか楽しいんですね。

PA150946_convert_20161022164817.jpg

小さな子も、試食のお手伝い。
「うん、とっても美味しい!」
大事なお役目です。

PA150951_convert_20161022164850.jpg

こちらは「野菜切りチーム」。
はじめはちょっと危なっかしい手つきでしたが
だんたんと上手になり、スピードも速くなっていきました。



PA150936_convert_20161022194951.jpg

今年はサツマイモでスイートポテトも作ります。
利用者の方とお芋をつぶしています。

PA150965_convert_20161022165127.jpg

つぶしたお芋をアイスクリームすくう用具で
丸めていきます。
この作業楽しかったみたい!
アイスクリーム屋さんみたいですよね。

PA150987_convert_20161022170232.jpg

こちらは「焼きおにぎりチーム」。
大学生スタッフのお姉さんと一緒で嬉しい!
今回は2名の大学生スタッフがお手伝いしてくれました。
子どもたちはお姉さんスタッフ大好きです。

PA150940_convert_20161022193333.jpg

味噌を焼く香りってなんて食欲そそるんでしょう!

PA150983_convert_20161022165815.jpg

出来上がったものを、それぞれのお部屋に運ぶお仕事も。
二階へはエレベーターで移動。
慎重に、でもはりきって運んでます。


PA150969_convert_20161022165203.jpg

男の子は、火の見張り番。
だから、焼き芋つくりも担当です。
男性スタッフに教えていただきながら
お芋を新聞紙で包んで水に浸してアルミ箔でくるみます。
こうやって焼き芋って作るのだと
はじめて知ったことと思います。


PA150974_convert_20161022165437.jpg

もちろん、焼きも担当します。
とっても美味しくできましたよ!

PA150985_convert_20161022170038.jpg

こちらは「漬物屋さん」。
ボールに入った漬物を小分けにしていきます。

PA150988_convert_20161022170541.jpg

さあ、今度は箸置きづくり。
とってもきれいな折り紙で箸置きを作ります。
覚えた作り方を利用者の方に教えているところ。
どちらも一生懸命です。


PA151015_convert_20161022173434.jpg

こんなにたくさんできました。


PA151023_convert_20161022170832.jpg

トン汁もできました。
はやく食べたーい!

PA151027_convert_20161022171000.jpg

今度はジュースやさん。
「どのジュースがいいですか?」
しっかりお仕事できました。


PA151035_convert_20161022171104 - コピー

この笑顔を見てください。
みんなで食べるって幸せだね。


PA151036_convert_20161022171150.jpg

会話もはずみます。


PA151038_convert_20161022171229.jpg

帰りには、七夕飾りになっているものを
自由にお持ち帰りしていいですよ、と言っていただき
みんな大喜びで好きなキャラクターを集めていました。


PA151040_convert_20161022171315.jpg

帰りは玄関まで見送っていただいた上に
おやつのお土産までいただきました。
これまた、みんな大喜び!

PA151042_convert_20161022171352.jpg

成田の里のスタッフ、利用者のみなさま
本当にありがとうございました。
子どもたちはたくさん与えていただいた役割に
はりきって励み、それがとってもとっても楽しかったみたいです。

お仕事が楽しい、人の役にたつことが嬉しいなんて
本当に素晴らしいこと。
私たちスタッフはそのことに全員が感激し
素晴らしい機会をいただいたと感謝しています。

成田の里さんから以下のメールをいただきました。


『ある利用者の方がお子さんが泣いている姿をみて
「子どもの泣き声っていいね」と
笑顔でおっしゃっていたそうです。
お子さんの泣き声にふれる機会がなく生活されている皆さんにとって
とっても貴重な一日であったと思います。

様々な世代の方が同じ空間で過ごすことが
当たり前ではなくなってしまった今、
ほんの少しですが、利用者の方にとって
社会の一員であることが実感できる時間となっていたら嬉しいのですが・・・

お子さんたちにも、お年寄りの存在が怖いものではなく
身近な存在であると感じてくださっていたら嬉しいです。
本当にありがとうございました。』




子どもが泣く姿が役に立つ、ということを
どれだけの人が知っているでしょう?
それぞれの世代の存在が
世の中には必要だということを
どれだけの人が実感して暮らしているでしょう?


私たちスタッフも
いろんな年代の存在があって
はじめて真に豊かで寛容で温かい社会が実現するのだ、
ということをあらためて知った貴重な時間でした。

子どもたちもスタッフも、他にはなかなか実感できないような
嬉しく幸せで満ち足りた気持ちで帰ってきました。
このような幸せを感じることができることを
心からありがたく思います。

関わってくださったみなさま
素敵な時間をありがとうございました。




スポンサーサイト
「郷土料理を作りましょう!」開催しました。
今回はぜいたくに「はらこ飯」!
ヤマザワ店長さんに相談させていただき、
材料を前日までに用意していただきました。

受け取りにいってびっくり!
「あれ、こんなに頼んだかしら?」
「予算間に合うかな?」
と、一瞬うろたえてしまうような、立派な材料・・・

ところが、レジで計算していただくと、
予算より少ない金額!
ヤマザワ店長さん、いつも親切にしていただき
本当にありがとうございます。


これが材料です。



はらこをほぐすところから作業が始まります。
これが難しい、ということでみんな知りたかった工程です。
ぬるま湯でほぐし、そのあと、何度も水を変えながら
周りの皮をきれいにのぞいていきます。
やはり、結構手間のかかる作業でしたが、
おかげでピカピカのいくらが出来上がりました。

PA120907_convert_20161022095454.jpg


最近、知り合った富谷にお住いの男性が
農家をしている、ということで
箱いっぱいのじゃがいもを差し入れしてくださいました。

さっそく、こふきいもと素揚げにしました。

PA120913_convert_20161022100513.jpg

PA120915_convert_20161022100620.jpg


とってもおいしくできました。
スタッフがおいしいお塩を持ってきてくれていたので
それをつけながらパクっ。と

この日、秋休みだった小学生も参加してくれたのですが
この顔がすべてを物語ってくれています。


PA120917_convert_20161022100716.jpg

スタッフが、入口に用意したホワイトボードに
作り方を書き出してくれました。
素敵な鮭の絵にも注目してください。


PA120919_convert_20161022100800.jpg

西成田コミュニティセンターはなんといっても
ガス釜があることが素晴らしい!

こんなに、おいしそうにはらこ飯が出来上がりました。

PA120921_convert_20161022100906.jpg

大きなどんぶりに惜しみなく盛り付け
いくらもたっぷりと・・・

こんな贅沢なはらこ飯はそうめったに食べられるものではありません。
そのうえ、味も絶品!
おかわりも自由・・・

なんとも満ち足りた昼食です。


PA120923_convert_20161022101028.jpg


みなさんの感激をヤマザワ店長さんにお伝えしあらためてお礼したところ
「だって、イクラがちょっとだったら美味しくないじゃないですか。
やっぱり惜しみなくイクラ乗せたいですよね。
喜んでいただけてよかった」
と言っていただきました。
こうして、近所に会話できるお店があるって
なんてありがたいのでしょう!

お汁はきのこ汁にしました。
これが完成です!


PA120926_convert_20161022101122.jpg

さて、今回の「お弁当アイディア」は
曲げわっぱにおいしそうにおかずを詰めるコツ。

講師のスタッフは、それ以外にも
あらかじめ、子どもが幼稚園の時、よく作ったという
かばんを振り回しても大丈夫なお弁当を作ってくれていました。

こういう一工夫って、やっぱりお母さんの愛情ですよね。



PA120927_convert_20161022101316.jpg

曲げわっぱには、かなりぎゅっと詰めたほうが
崩れなくていいようです。
だからご飯もかなりの量を詰めていきます。
(今回ははらこ飯だから、本当に贅沢弁当です)

PA120928_convert_20161022101433.jpg


その他のおかずも、わっぱは高さがあるので
例えば、卵焼きなど、ひとつは土台にして
その上にもうひとつ盛り付けています。

そして出来上がったのがこちら・・・
もうあちこちから歓声があがりましたよ。


PA120931_convert_20161022101546.jpg


「曲げわっぱ欲しかったけれど迷っていたんです。
今日参加してよかった。
ぜひ、試してみます」
そう言ってくださる方もいて、良かったな、と思いました。


お弁当を開けた瞬間、
子どもの気持ちが幸せになってくれたらいい・・・
そういう愛情が会話のあちこちから感じられたことも
じーんと胸を温めてくれた講座となりました。


美味しく幸せな気持ちに満ちた秋のひとときでした。
こういう時間を過ごすたびに
「ああ、マルシェをやっていてよかったな」と思います。

これからも、地域のみなさんと素敵な時間を紡いでいきたいです。

Naritaマルシェでは恒例となっているイベント「おさがり会」。
たくさんの方がこれまで参加くださっていましたが
お仕事をしている方は、日中の開催はおさがりが欲しくても参加難しいかも、
ということがずっと気になっていました。

私たちスタッフも毎回夜の開催は厳しいけれども
需要があるかどうかお試しで夜に開催してみよう、
駐車場の心配のない成田公民館で開催してみよう、
ということになりました。


実際、開催してみると・・・

やはり「需要あり」ということがわかりました。
引っ越してきた、という方がいらしたり、
仕事帰りです、という方がいらしたり、
子どもを連れてきました、という方がいらしたり・・・



(カメラを忘れて届けてもらったので、
一番盛況な時間帯の写真が撮れませんでした。残念!)


何より嬉しかったのが、制服の持ち込みがたくさんあったこと。
本当にありがたかったです。
おかげさまで、現在制服はちょっと充実しています。

逆に、たくさんあると思っていた小学校の体操着ですが
ちょうどよいサイズはかなり出てしまい、ちょっと品薄状態です。


P9300900.jpg

「いつも回覧を見て、手帳には書き込んでいたんです。
でも、なかなか来る機会がなくて。
今回やっと参加できました。」
という言葉をいただき、本当に嬉しくありがたく思いました。

回覧を担当している事務局長は、
イベントに間に合うよう、記事を書き、
回覧分の印刷をし、町内会に持ち込みをしてくれています。
「いつも読んでます」
「気になっていました」
「機会があれば参加したいと思っていました」
そう言っていただけることが、何よりの励みになると思います。

私たちスタッフは、いくつも役を抱えている人がほとんどですが、
それでも、少しでもこの成田が温かい住みやすい地域になればいいと、
その同じ願いのもと集まって、できる範囲で活動しています。
無理はしないで、でもやるからには楽しく、
そして求められる活動を・・・
そう思っています。

夜の「おさがり会」は需要があることがわかりましたので、
また、機会があれば開催したいと思います。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。