Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回の「まかなつき寺子屋・成田の里とのコラボ」のブログを
読んでくださった「成田の里」さんからメールをいただきました。
心温まる内容で、了解をいただきましたのでご紹介いたします。


『ブログの内容に感動し、職員間で回覧させて頂いていました。
利用者の方にとっては素敵な時間でしたが、
核家族が進み、高齢者との生活に馴染みの無いお子さんにとっては
高齢者の方と話したり触れ合ったりする時間が苦痛にならなかったか、
ブログを拝見するまでは、心配な気持ちでいっぱいでした。

当日の様子を撮影した写真には、
利用者の方と子供さんが一緒に作業しているものが何枚もありましたが、
写っている利用者の方の表情は、どれも皆、
孫を慈しむような表情をされていました。

様々な世代の方が、自然な形でお互いの存在を感じ、
必要とされながら暮すことができるといいですね。
また、利用者の方に笑顔のプレゼントを頂けると幸いです。』




今、テレビも新聞も心寒くなるニュースばかりです。
そんな中で、この成田の中のさらに小さな空間ではありますが
そこでは心からの笑顔と心通わす時間があったことが
今更ながらまるで奇跡のように感じます。

奇跡のように感じる、のではなくて
これがごくあたりまえの風景であったなら
きっと、流れてくるニュースも今のようではないのだろうな、
そう思います。

本当の豊かさとは何か、
本当の幸せとは何か、
本当の充実感とは何か、
どんな時本当に心が温かくなるのか
「今日も素敵な一日だった」と思えるのか・・・
そういうことを、今一度立ち止まって考える時期にあるのではないか、
そんな気がします。

どこかの年代だけが幸せで満たされている、
というのではなく、
あらゆる年代の人が「ここに住んでよかった」
そう思える地域になっていけたらいいな、と思います。

世代を越えて豊かな交流ができますように・・・・

「成田の里」さん、素敵なメールをありがとうございました。

スポンサーサイト
前回の記事「これからも共に・・・」と「お弁当開きしよう!」の報告を
読んでくださった保護者の方から素晴らしいメールをいただきましたので
了解を得て紹介させていただきます。


『先日はお弁当開きをどうもありがとうございました。
子供たち、とても楽しかったと話しておりました。
最近仕事が忙しくなってきて、
子供たちとの会話が朝だけになっていました。
そうした中での今回のお弁当開き。
朝の出勤直前で、今日はマルシェだよ、お弁当開きだよ、
大丈夫、自分でお弁当箱用意して持っていくから~😃
との子供らの言葉。
最近は手どころか目もかけてあげられていなかった中で、
子供らが自分たちで予定をチェックし、
準備するというサプライズな成長を垣間見ました。
またブログを拝見し、マルシェの皆様が、マルシェの活動に込めた思いにも、
心がじんわりと温かくなりました。
以前から、フルで働く私の中では、
将来、きっと自分の子育てに対しもっとああすれば良かったと
後悔することが少なからずあるだろうという思いが、常に心にありました。
けれども、マルシェの皆様のやさしい思いが子供たちにはもちろんのこと、
我々にも向けて発せられていたことを知り、
とても救われるような思いがいたしました。
心より感謝しております。本当にありがとうございます🍀
そしてこれからもよろしくお願いいたします。』



「これからも共に・・・」の記事を読んだマルシェスタッフからも
『「いつもの会話ににじむ想いがもらすことなく語られ
ジーンとしました。』とか
『まったく同感で直したくなる文章はひとつもありません』
などのメールが届いていました。


ブログに載せた想いは
体外的に体裁を整えた文章ではありません。
いつも私たちスタッフが交わしている会話です。
だからこそ、子どもたちにも伝わり
その子どもたちを通して保護者の方にも伝わるのではないか、
そう感じます。

私たちは、みんな暇だからこのような活動をしているわけではありません。
忙しくても、いえ忙しく流されやすい世の中だからこそ
時に立ち止まって「これは大切」と思うことを
心こめてやっていこう・・・
まずは自分たちが楽しみながら・・・
そう思っています。

子育てに後悔や反省を抱えていない人など
一人もいないと思います。
私たちは完璧ではありません。
でこぼこだらけで、得意なこともあるけど
どうしても苦手なものもあって・・・
そういう風になっているのではないでしょうか?
だからこそ、助け合い補いあうようになっているのではないでしょうか?

そういう姿を大人が見せることができたら
子どもたちも自分をありのままでいいと思えるのではないでしょうか?
助けてもらおう、助けてあげよう、協力していこう・・・
そう思えるのではないでしょうか?

今回紹介した率直なメールに対して
きっと共感なさる方たちもたくさんいることでしょう。
メールを読みながら、目に涙が滲みました。

これからも成田が、身近な人たちに
優しい地域となっていくことを心から願っています。
それが私たちNaritaマルシェの想いです。

「まかないつき寺子屋」での「お弁当びらきしよう!」に
参加してくれたお子さんのお母さんから嬉しいメールをいただいたので
紹介いたします。


『おかずは、一通り全部入れたよ!
おにぎりも入れた。
楽しかったよ♪

帰宅した私に、早速
教えてくれました。
家族だけでは、体験できない
時間です。

これからも、沢山の時間と体験を
成田マルシェで経験し
豊かな心に育っていって
もらえたらと思います。

これからもよろしくお願い致します🍀』



私たちスタッフの中には子どもが大きくなった人もいますが
みんな何かしら、自分の子どもに「ああしてあげれば良かった」
という想いを抱えています。

「忙しいから」という理由でおざなりにしてしまった数々を思い
「本当はやろうと思えばできたことかもしれない」
そんな気持ちがあります。
中には「孫を育てる時には、この気持を活かそう!」
そう思っている人もいます。

でも、やっぱり子育て真っ最中というのは
なんだかいつも精一杯なものです。
それなら、子育てが一段落した人たちが
忙しいお母さんやお父さんの代わりに
「してあげたかったこと」「するべきだったこと」を
してあげればいいのではないか・・・
そういう気持ちがあります。

それが「地域で子どもを育てる」ということではないでしょうか?
Naritaマルシェは子どもたちのためだけの活動をしているわけではありません。
成田に住む、あらゆる年代の人たちと繋がりたいと思っています。

それでも、日々成長していく子どもたちの
心身ともに健やかな成長を願う気持ちは
やはりとても強いと思っています。

そして、私たちの活動を通して
今子育て真っ最中のみなさんが
少し心の余裕を持てたり
何かしらのヒントをもらったりして
今しかない子どもたちとのこの瞬間を
素敵なものにしていけたら
こんなに嬉しいことはないと思っています。

これからも、共に子どもたちを見守っていきましょう!


「まかないつき寺子屋」にて初の試み
「お弁当びらきしよう!」を開催しました。

空のお弁当箱持ってきてもらって
思い思いにお弁当詰めてみんなで食べる、という企画。
この日、やってきた子どもたちは
いつもより何倍もテンションが高く、期待感満載でした。
スタッフが圧倒されるくらい・・・
それくらい「お弁当」って魅力的なんですね。

さて、メニューは・・・

ウインナー
ほうれん草のおひたし
春菊の胡麻和え
にんじんしりしりの卵とじ
豚のしょうが焼き
フライドポテト
プチトマト

以上7品。
これがそれらを並べた写真です!



男性スタッフからは
「いじわる弁当だね」なんて言われたメニューですが
(なにせ、春菊やほうれん草やにんじんが入っているのですから)
これは、私たちスタッフがたっぷりの愛情をこめて考えたメニューです。
子どもたちの苦手な食材を家で食べさせるのは大変なこと。
ついつい食べてくれるメニューになってしまいます。
だからこそ、の献立なんです。

でも、ただで済ませないのがマルシェです。
春菊の胡麻和えだろうと、食べてもらいたい、と
ごまを炒ってすり鉢でするところから
子どもたちにやってもらいました。
自分ですった香りの良い胡麻和えだったら
箸を伸ばしてくれるのではないか、と思って。




さて、お弁当を詰める時ですが
事前に詰め方のコツを説明しました。
いろんな彩りで綺麗に詰めたら
見た目が綺麗なだけでなくて
身体にもいろんな栄養が入ってとってもいいんだよ、と。

たくさん子どもたちがいたので
まずは1年生からね、と声かけて・・・
中学生のお姉さんたちも
低学年の子供達の時は、詰めるのをお手伝いしてくれました。
お弁当詰めはそれはそれは楽しい時間でした。




そうして出来上がったお弁当!
アドバイス通リ、彩り豊かな
なんとも美味しそうなお弁当の完成です。





高学年まで詰め終わるのを待つのは大変だったけど
ようやく「いただきます!」となりました。



私たちの愛情が届いたのか?
見学にいらしていたお母さんが
「家では春菊なんて絶対食べないのに、食べてました!」
と嬉しそうに教えてくれました。
良かった!

さて、天気が良かったので外で遊んだあとは3時のおやつ。
今回は「うさぎりんご」。
お弁当の定番です。
自分でうさぎりんごも作ってみました。




おやつの後は、外遊びにも疲れたようで
会館内でスタッフを囲み「お話作り」をしていました。
一人が作ったお話を次の人がどんどん繋いでいく遊びです。
楽しそうな笑い声にあふれていました。
ゲームがなくても、子どもたちはこんなにも楽しそうに
満ち足りで過ごせるのだということを
たくさんの方に知ってもらいたいな、と思う瞬間です。




延長お預かりの子どもたちから
「縫い物がしたい」というリクエストがあり
雑巾縫いをしました。
もう何度もやったことがある子は
縫い目がとっても綺麗。
そういう成長を見るのはとても幸せな気持ちです。




ふと、ホワイトボードを見ると
「いつもありがとうございます」
というハート入りのメッセージがあるではありませんか!
「こちらこそ、ありがとう!」
そんな気持ちです。




そんなわけで、「きっと盛り上がるだろうな、楽しいだろうな」
とは思っていたのですが
こちらが思っていた以上に、子どもたちは喜んでくれました。
大成功だったと思います。
また、楽しい企画を考えたいと思います。

さて、今回手先の器用なスタッフが
買い出し用のがま口財布を作ってくれました。
マルシェのロゴ入りです。
外には、領収書が入れられるポケットつき。
これから買い出しがますます楽しくなりそう。

また、別のスタッフは庭のお花を持ってきて水中花を作ってくれて
テーブルの上にいくつも飾ってくれました。




こうして自分の思いついたことを
誰から言われるでもなく、行動にうつしてくれる。
そんなスタッフがそろっていることが
マルシェの財産だと思っています。

成田には素敵な方がたくさんいます。
もし、興味のある方がいらしたら
ぜひ、活動をのぞいてみてくださいね。
気軽にお茶飲みにいらしていただけたら嬉しいです。

大人が楽しめる企画も考えていきたいと思っていますので
これからも、よろしくお願い致します。



「まかないつき寺子屋」と「成田の里」とのコラボに
参加してくれたお子さんのお母さんから
以下の嬉しいメールをいただきましたので紹介いたします。


『なりたの里訪問、会館へ行く迄は、足取りが実は、かなり重かったのですが、
夕方帰宅すると、「すごく楽しかった!」「また行きたいな~」と。
箸袋をおじいさん、おばあさんに渡したら、凄く喜んでくれたんだよ(^o^)
等楽しそうに、話していました。
いつもと違うふれあいが、新鮮だったようです。
ありがとうございました。』


私たち大人が思っているよりずっとずっと
子どもたちは何が本当の喜びかをよく知っていて
そして、それを私たち大人に教えてくれます。

どうか、子どもたちの目の輝き
そのメッセージに耳や目を向けてみてください。
「老人ホームに行って何が面白いの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこは、必要とされ喜ばれ、役に立つ喜びに満ちた場所でした。
私たちスタッフも子どもたちの様子から
それを教えてもらいました。
(ブログには写真付きで当日の様子紹介しています)

「まかないつき寺子屋」は実は私たち大人の学びの場でもあります。
これからも、何が子どもたちにとって大切かということを
折々にお伝えしていけたら、と思います。

嬉しいメールありがとうございました。

「まかないつき寺子屋」&「おさがりの会」


ある日のスタッフ会議でお弁当の話になり
一人のスタッフが「子供の頃お弁当びらき楽しかったよね」
と言ったのに対し、他の全員が???

「お弁当びらきって何?」
「え?知らないの?」
となって、以下がその「お弁当びらき」の説明です。
回覧にも載せた文章そのまま引用します。


『昼間でいっしょに遊んで別れがたく
「じゃあ○○ちゃんのお家でお弁当びらきしよう!」
と決めて帰り、お母さんにお弁当を詰めてもらって集合。
庭にシートを敷いて輪になって座れば気分は遠足。
お弁当の中身は何でも良いのです。
詰めてすぐ食べるものだし近所なので
お母さんも、えいやあってぱぱっと詰めてくれます。』

というのが「お弁当びらき」だそうです。

もう、その光景を思い浮かべただけで幸せな気持ちになり
「まかないつき寺子屋」の内容は
この「お弁当びらきしよう!」に決まったのでした。


まかないつき寺子屋「お弁当びらきしよう!」

日時: 11月12日(木)午前11時~午後4時まで
     ※この日は小学校も中学校も給食なしで帰ってきます
     ※前もって延長申し込みの依頼があるお子さんはお迎えまでお預かりします
      お手数かけますが延長依頼は、その都度連絡お願い致します

会場: 5丁目会館

内容: お弁当を詰めてみんなで食べます  他、昔あそびや手仕事、外遊び

持ち物: 空(から)のお弁当箱・お箸・ビニールシート


申し込み: お子さんたちをお預かりする、という都合上登録制となっています。
        Naritaマルシェのイベント開催時はいつでも受付しています。




あらかじめ、スタッフが用意したおかずと
時間があれば子どもたちにも作ってもらったおかずを
思い思いにお弁当箱に詰めていただきます。
彩りよく詰めれば見た目が綺麗なだけでなく
栄養バランスもいいんだよ、なんて話しながら・・・

そういえば我が家の子どもたちも
小学校の高学年になるまで
近所の男の子も女の子も一緒になって
お休みの日にはお昼になると家に駆け込んできて
「お弁当詰めて!」と、せかされたっけ。
お弁当持って、近所のどこかの庭にシートを敷いて
ぎゅうぎゅう詰めになって食べている光景は
今思い出しても、本当に幸せな温かい光景です。
雨の日はありったけの傘を持ち寄って
やはりなんとか外で食べようとしていたこともあり
親たちはそっとのぞいては笑いあったものでした。
「ああ、成田に引っ越してきてよかったな」
心からそう思ったたくさんの瞬間のひとつです。

最近はそういう光景を目にすることも
少なくなってきたかもしれません。
でも、それはきっと子どもたちの心のアルバムに
いつまでも懐かしく残る素敵な光景となるはず。
そんな時間になるといいな、と思っています。

この日は「おさがり会」も同時開催しています。
(最後に中学校の制服の在庫お知らせいたします)
そろそろ来年度の準備が始まる時期となりました。
制服のおさがりがあれば助かるな、という方も
多いのではないでしょうか?
できれば、もう着ないので譲っても良いな、と思う方がいらっしゃいましたら
持ち込み大歓迎です。
無料でお譲りするという趣旨のため
お礼はできませんが、温かいお茶を飲んで
おしゃべりを楽しんだり
子どもたちの様子を見ていただけたら、と思います。
よろしくお願い致します。

では、少ないですが現在の成田中学校制服在庫です。
(ちなみに、小学校の体操着はわりと豊富にありますし
明泉幼稚園・成田中央幼稚園のブラウスとスカートが各一着あります)

成中男子用ジャケット  160A 170A 180A
        スラックス W64・67・76・96
夏用 W64・76
成中女子ジャケット    170A
スカート    W72 丈57 W80 丈54


当日、会場でお待ちしております!

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。