Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年の「まかないつき寺子屋」で杵と臼を貸してくださった山田さんから
白菜漬けの作り方を教えていただきました。
いつも差し入れてくださる白菜漬けがとても美味しいので
「ぜひ、今度作り方教えてください!」とお願いし実現しました。

都合がついた(あるいは無理やり都合つけた)スタッフ7名集合。
山田家のお庭で教えていただきました。

まずは、白菜を6等分。
(半分に切った白菜を一日干しておきます)



洗ってざるへ上げます。

DSCN2476.jpg

塩を振りながら、樽の中へ。
この時、先の葉っぱには塩を振らないのがコツ。
(塩気は後から調節するほうがいいとのこと。
はじめにしょっぱくしてしまうと修正きかないから)

DSCN2480.jpg

後は、重石をして数日置きます。

DSCN2481.jpg

水気があがってきたら、漬け直し。
さわってみてしんなりしていたら良い加減。
(これは4日後のもの。この説明のために、わざわざ4日前に
一樽漬けておいてくださいました)

DSCN2467.jpg

絞って一回り小さな樽へ。
塩気を見て、足りなければ足します。

DSCN2468.jpg

この漬物は、塩気はちょうどよかったので塩は足さずに
唐辛子を入れて、後はまた重石をするだけ。
出来上がりが楽しみ!
だいたい一週間後が食べごろです。

DSCN2469.jpg

あっという間に漬物講座は終わり
「簡単でしょ?」と、山田さんはおっしゃいましたが、
どんなことでもシンプルなことって難しい。
それぞれ何度も挑戦し、好い加減を覚えていくしかないのだろうな、
そう思いました。

「じゃあ、家でお茶しましょう」
そう誘っていただき、薪ストーブがなんとも温かいお部屋へ
入れていただきました。
そこに待っていたのは、なんと「はっと汁!」
みんな大歓声でした。
(この写真を見るだけでも、味がよみがえってきてお腹が空きます)

DSCN2483.jpg

それ以外にも、甘酒を作っておいて下さったり
もちろん白菜漬けを出していただいたり・・・
絶品は「どうしてこんなにやわらかいのですか?」と
みんなで不思議でたまらなかったキャラブキ。
強火にせず、弱火で気長に煮るのがコツだそうです。

DSCN2482.jpg

なんとも幸せな時間でした。
マルシェスタッフはこれからもこうして研鑽を積み(?)
成田のみなさん、そして子どもたちに
美味しいものを提供できるよう頑張ります!

スポンサーサイト
そろそろ新年度の準備が始まる頃となりました。
恒例の「おさがり会」行います!

「おさがり会」
日時: 2月9日(月) 10:00~12:00
場所: 五丁目会館



「おさがり会」はイベントを行うときは、たいてい同時開催しています。
中学校の制服がやはり人気で、入ってもすぐになくなってしまいます。
制服をおさがりにしてもよい、という方がいらしたら
ぜひお待ちしています!

この日は、スタッフは打ち合わせも兼ね
お茶会をしています。
「おさがり会」に用事がない方でも
お茶会飛び入り歓迎です。
「Naritaマルシェ」について、また「まかないつき寺子屋」についてなど
お聞きしたいことがある方もお待ちしております。

寒い日が続いています。
みなさん、お身体気をつけてお過ごしください。

前回「新年まかないつき寺子屋」の「餅つき編」をアップしました。
今回は子どもたちの様子について。

誰もが、思わず頬が緩んでしまう光景。
まだ1歳の子を先頭にして、背の順に並んで行進しています。
ただ「行進する」ということが遊びになってしまうなんて
子どもたちの世界ってなんて豊かなんでしょう!
そして、なんて微笑ましいのでしょう!

DSCN2450_convert_20150110183333.jpg


これは「めんこ」をしている様子。
あまりのスピード感に画面がぼやけています。
汗だくになってやっていました。

DSCN2454_convert_20150110183419.jpg

1歳の子から中学生まで一緒になって、
おはじきやらけん玉やらで遊んでいます。
年齢、性別関係ありません。

DSCN2457_convert_20150110183610.jpg


手をつないでぐるぐる回っているので「何しているの?」と聞いたら
「ただ、ぐるぐる回っているの」という答え。
可笑しいやら可愛らしいやら・・・
だんだんスピードアップし、ちょっとハラハラしましたが。

DSCN2460_convert_20150110183651.jpg

写真を撮っていた私のところにやってきて
「ねえ、今度は押し合いっこするから、写真撮って」とリクエストが・・・
ただ、押し合いっこしているのですが
それが楽しいなんて幸せですね。

DSCN2461_convert_20150110183750.jpg


今回は、塾の宣伝消しゴムをためていたものを持ち寄って
マスキングテープで自分だけの消しゴム作り。
好みのテープを一生懸命選んで夢中で作っていました。
世界でたったひとつのマイ消しゴムが
新学期を楽しく彩ってくれますように・・・

DSCN2463_convert_20150110183833.jpg

延長のお子さんは今回は一人。
中学生、高校生が相手をしてくれています。
真剣勝負の神経衰弱。
神経衰弱って、小さい子の方が得意なんですよね。

DSCN2465_convert_20150110183916.jpg

ほんの一部しか紹介できませんでしたが、
ゲーム機などなくても、子どもたちがどんなに豊かな楽しい時間を過ごせるか
伝わったでしょうか?
ここで体験するのは遊びだけではありません。
いろんな年代の子どもと交流すること、
どの子も楽しめる遊びを工夫すること、
顔見知りでも、初めてでも、
まるで今までよく知っていたかのように仲良くなること、
親ではない大人に教わったり、時に叱ってもらったりすること・・・
どれもが、人として何より大切な経験ばかりだと思います。
こういうことを経験してもらいたくて始めた「寺子屋」。
子どもたちがそれを体現してくれることは
私たちにとって何よりの贈り物です。

また、今回は、富谷町で15年間「地域福祉フォーラムアドバイザー」
をなさっている本間照雄先生が、
「寺子屋の一日」を取材してくださり、写真を撮ってくださったものを
スライドショーにして見せてくださいました。
(なんと、見入ってしまい、写真を撮り忘れてしまいました。
本当にごめんなさい)

それはそれは素晴らしくて
どんなに言葉を尽くしても言葉では伝えきれない「寺子屋」について、
このスライドショーは雄弁に物語ってくれています。
子どもたちの目の輝き、笑顔。
そして、大人スタッフのイキイキとした姿・・・

3月には保護者の方たちにこの一年の報告と
寺子屋新規募集を兼ねたスライドショー上映会を行う予定です。
楽しみにしていてください。
(その時は、しっかり写真撮りたいと思います)

本間先生、愛情のこもったたくさんの写真をありがとうございました。
このスライドショーはNaritaマルシェの宝物として大切にしたいと思います。

こうして、素晴らしいスタートをきることができたことで
スタッフも本当に張り切っています。
また、たくさんの楽しい企画を考えていきます。
どうかよろしくお願い致します!


Naritaマルシェ、新年初イベントは「まかないつき寺子屋」にて餅つき。
季節の行事を大切にしたいと思っている私たちにとって
杵と臼を貸していただけることになったことは大きな喜びでした。
しかも、餅の蒸かし方から始まりいろんなことをご指導いただきながらの餅つき。
夢のようです。

こちらが欅をくりぬいた杵と臼。
軽トラックで男性数人がかりで会館まで運んできました。



二段重ねでいっきに60合のもち米を蒸かしているところ。
業務用のガスも持ち込んでいただいての作業です。

DSCN2359_convert_20150110182108.jpg

ふかし上がったもち米を臼の中へ!

DSCN2362_convert_20150110182151.jpg

息のあった餅つき。
餅つきも身体で覚えている人たちは動きが全く違います。
この伝統は、ぜひ若者たちに継承していきたいものです。
来年は、餅つきを覚えてもらうために、
もっと若者たちに声をかけよう、となりました。
(湯気でなかなか写真が撮れなくて苦労しました。)

DSCN2365_convert_20150110182250.jpg

DSCN2376_convert_20150110182340.jpg

つきあがったお餅をすぐにまるめます。
その作業も手慣れたもの。
これも若い人たちに継承していかないと!

DSCN2379_convert_20150110182453.jpg

そして、ずんだもち、大福、お雑煮に・・・
すんだは農家の方が採りたての枝豆で作ったものをいただきました。
関西からやってきて、今まで「ずんだは美味しくない」と思っていたスタッフは
このずんだを食べてびっくり仰天していました。
「ずんだって、こんなに美味しいんだね!」と。
ずんだはとても手間がかかる料理。
せっかくだから、本物のずんだを子どもたちには伝えていきたいものです。
お雑煮は、前日から作っていた(前回の記事で紹介しています)仙台雑煮です。

DSCN2382_convert_20150110182551.jpg

DSCN2384_convert_20150110182637.jpg

DSCN2391_convert_20150110182724.jpg

大きな臼である程度までついた餅を
小さな臼に移し、また杵も子ども用のもので
子どもたちも餅つき体験。
とっても楽しそう!

DSCN2399_convert_20150110182809.jpg

DSCN2403_convert_20150110182904.jpg

DSCN2409_convert_20150110183003.jpg

DSCN2415_convert_20150110183101.jpg

DSCN2418_convert_20150110183145.jpg

餅つきが済んでから、子どもたちも大福作り。
それはもう工作気分。
時々、頬張りつつ・・・

DSCN2440_convert_20150110183246.jpg


とにかく、本当に新年に相応しい
素晴らしい会となりました。
子どもたちだけでなく、お手伝いスタッフもたくさん参加。
また今回は地域福祉フォーラムで発表を聞いてくださった
あけの平の方がお二人、お手伝いに参加くださいました。
大変な洗い物などを引き受けていただき、
本当にありがたく、また共に楽しい時を過ごせて
私たちもとても嬉しかったです。
その方たちから
『スタッフさんが楽しく自発的で
あったかい雰囲気で素晴らしいですね』
という感想をいただき感激しました。

写真から、その雰囲気が伝わるでしょうか?
この後、子どもたちの遊んでいる様子もアップいたします。

今回、餅つきをするにあたり
多大なご協力をいただいた山田さん親子に
心から感謝申し上げます。
今年も、おかげさまで、とっても良い年になりそうな予感がする
スタートとなったこと、とても嬉しく思います。
明日1月7日(水)に予定している「まかないつき寺子屋」での
餅つきのために、お雑煮の準備をしました。

大根、人参、ごぼうを千切りにしたりささがきにしたり・・・
大量ですが、今日はお手伝いスタッフも10人近くいたので
いろんな話をしながら、いつもながら楽しい作業。
「この準備が楽しいんだよね」と・・・





大鍋いっぱいの野菜!

DSCN2345.jpg

これをさっと茹でて、水気をいったんしぼります。

DSCN2348.jpg

手ぬぐいで作ったというお手製の袋に入れて
さらにギュッと・・・
手で絞ったつもりでも、さらに大量の水気が出るのにびっくり!
ご指導いただいた山田さんの方法ですが
恥ずかしながら、スタッフでここまでしっかり絞った経験のある人はいなくて、
本当にいろいろ勉強になりました。

DSCN2351.jpg

そして、鶏肉やしいたけなども入れて味付け。
(本当はこの絞った野菜を一晩冷凍するのですが
今回は省力です)
少々味は薄めにしてあります。
明日、仕上げる予定です。

DSCN2354.jpg

子ども用の可愛らしい杵と臼もお借りしました。
明日は新年初イベント!
賑やかな楽しい時間になりますように・・・
会場でお待ちしています。
あけましておめでとうございます。
昨年はNaritaマルシェにとって、とても充実した楽しい一年でした。
今年も、さらに素敵な一年にできたら、と願っています。

さて、今年最初のイベントは「まかないつき寺子屋」にての「餅つき」です。
けやきを繰り抜いた立派な杵と臼をお借りできる予定になっています。
「まかないつき寺子屋」は登録制ですが、
見学なさりたい方大歓迎です。
新年の賑やかなこの回に、ぜひお子さんと一緒にいらしてください。

日時: 1月7日(水) 11:00~16:00
場所: 五丁目会館
内容: 「まかないつき寺子屋」にて餅つき
    ※事前に依頼のあった低学年のお子さんについては
      延長をお受けいたします。


Naritaマルシェは季節の行事を大切にしたいと考えています。
なんとなく過ごしていると、あっという間に時間は過ぎていきます。
日本は素敵な国です。
季節ごとの細やかな行事には、奥深い意味や意義があり
それらを味わうことで、時間に奥行きが出て
一年を有意義に過ごせるきっかけになるように思います。

新年の餅つきが、賑やかで楽しいものとなり
一年の始まりにふさわしいものとなりますように・・・
今年もどうかよろしくお願い致します。

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。