Naritaマルシェ

「マルシェ」は市場という意味です。成田に住む人たちが情報や知恵や特技や会話を持ち寄って気軽に集える空間です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おさがりの会と山形風芋煮会」が無事終わりました。
今回は、あえて、中学生が振替休日の日程にしました。
それは大成功!
やってきた中学生たちに、次々仕事を頼みましたが
とっても楽しそうにはりきって手伝ってくれました。

まずは、おさがりの体操着についている名札はがし。
これは名札にアイロンをかけ、のりを溶かして
はがしやすくします。
「やけどだけ気をつけてね」と声をかけあとはお任せ。
役割を決め、和気あいあいとやっていました。




次はスタッフが作る予定だった「きなこあめ」を
急遽、中学生に頼むことに。
黒砂糖ときなこと蜂蜜をまぜ、ちょうどよい硬さにしてから
好きな形に成形していきます。

黒砂糖がごろごろ固まっていたので、
まずはそれをぱらぱらにする必要あり。
悪戦苦闘していましたが、
どんな時も中学生組は楽しそう!
まるで子供が泥遊びしているようでした。

DSCN1788.jpg

次に男の子も加わってのおむすび作り。
この写真は女の子がおむすびを握り
男の子が梅干しをほぐしているところ。
なんとも微笑ましい・・・

DSCN1790.jpg

中には自分が食べることより、
おいしい焼きおにぎりを作ろうと
焼き加減をずっと見張り、
とうとうみんなでにぎったおむすびに
梅味噌をぬってすべて焼き、
焼くたびにみんなに配ってくれた女の子もいて
見ていてなんだか胸が熱くなりました。

中学生たちはたくさん働き、たくさん食べたあとは
目の前の公園で目一杯体を動かして遊んでいました。
それがまた、とても楽しかったらしい。
そして小学校が終わるくらいの時間帯になったら
小学校時代の先生たちに会いに
みんなで出かけて行きました。

そして、スタッフとお手伝いにかけつけてくれた方たちで作った
山形風芋煮!
山形出身のスタッフが大切なポイントを伝授してくれるので
作っている間、手も目も耳も離せません。
そうして出来上がったものがこちら・・・


DSCN1792.jpg


来てくださった方が、遠慮がちに
「あんまり美味しかったのでおかわりしてもいいですか?」
と、台所に顔出してくださるくらい美味しかったです!
みんなでおかわりして堪能しました。

引っ越してきたばかり、という方が
小さなお子さんを二人連れて来てくださり
(下のお子さんは7ヶ月)
あまりの可愛さに、次々「抱っこさせて」と
赤ちゃんのぬくもりに癒されていました。
こうやって、地域の人のたくさんの手に
抱っこされ「可愛い、可愛い」と言ってもらえる子は
きっと幸せになれるにちがいない、
そんな気持ちになりました。

また回覧で「お宝(趣味や特技)をお持ちの方
お待ちしています!」と書いたところ
早速お宝の持ち込みもあり、
ぜひそのうち、そのお宝を披露していただく機会を
作りたいと思っています。
(その時は、また回覧やブログでお知らせいたします)

雨が降る、という予報だったのに
どんどん天気が良くなり、
いろいろ嬉しいことがあったイベントでしたが
なんといっても、やはり今日は中学生が
長時間に渡り、手伝いをしてくれたことが
大きな収穫でした。
それも、本当に楽しそうに、仲良く仕事する姿は
そこにいる大人たちの心を温めてくれました。
子どもたちは大きな希望です。

これからもマルシェでは、
地域における子どもたちの力を発掘し、
伸ばしていけるようでありたいな、
と思っています。

今日、参加してくださったみなさま
本当にありがとうございました。

最後にお詫びですが
今回、回覧とメール配信だけの案内になってしまい
申し訳ありませんでした。
次回はブログでもお知らせしたいと思います。
スポンサーサイト

Naritaマルシェ

Author:Naritaマルシェ
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。